将棋の部屋

将棋の上達法や楽しみ方など、さまざまなことを提供していきます。ごゆっくりしていってください。

タグ:順位戦

5日に行われた第77期C級1組順位戦の最終局で、藤井聡太七段は都成竜馬五段を126手で破り成績を9勝1敗としましたが、順位の差により上位2名に入ることができず。頭ハネで昇級を逃すという残念な結果となりました。


続きを読む

佐藤天彦名人への挑戦権を決める第77期A級順位戦の最終局が行われ、豊島将之二冠が久保利明九段に勝利。成績を8勝1敗として自身初の名人挑戦をつかみました。

今期のA級の最終結果は以下の通りとなりました。

第77期A級順位戦 最終成績

8勝1敗 豊島将之二冠(名人挑戦)
7勝2敗 羽生善治九段
6勝3敗 広瀬章人竜王、糸谷哲郎八段
4勝5敗 佐藤康光九段、久保利明九段、三浦弘行九段
3勝6敗 稲葉陽八段
2勝7敗 深浦康市九段(降級)
1勝8敗 阿久津主税八段(降級)





続きを読む

順位戦でのデビュー以来の連勝記録を18に伸ばしていた藤井聡太七段でしたが、昨日の対局に敗れついに連勝ストップ。単独1位となる19連勝の達成は残念ながらなりませんでした。

土をつけたのは22歳の若き俊英・近藤誠也五段です。

また、師匠の杉本昌隆七段も敗北を喫し、師弟揃って昇級はお預けとなりました。


続きを読む

昨日行われた第77期A級順位戦8回戦の注目の一番、羽生善治九段対豊島将之二冠は豊島二冠が勝ちました。これで豊島二冠は7勝1敗で単独トップとなり、初の名人挑戦にあと1つと迫りましたね。

一方の羽生九段は痛すぎる2敗目で挑戦権争いから大きく後退。また同じく1敗だった広瀬章人竜王も深浦康市九段に敗れて2敗となっています。


続きを読む

順位戦は各クラスともに大詰めを迎えていますが、中でも盛り上がりをみせているのがC級1組です。現在、藤井聡太七段と杉本昌隆七段の師弟が8戦全勝でトップで並んでいて、師弟で同時昇級という快挙が現実味を帯びてきています。

同時昇級となると1986年度B級2組の大内延之九段、塚田泰明六段(当時)の師弟以来、2度目の快挙となるようです。


続きを読む

↑このページのトップヘ