将棋の部屋

将棋の上達法や楽しみ方など、さまざまなことを提供していきます。ごゆっくりしていってください。

カテゴリ:プロ棋士 > 羽生善治

昨年、竜王位を失い無冠となった羽生善治九段。無冠になってから初の公式戦となった三浦弘行九段との第77期A級順位戦の対局で見事勝利を収めました。

羽生九段が段位を名乗って対局するのは1989年12月に行われた第2期竜王戦第8局で六段を名乗ったのが最後だったため、およそ29年ぶりのこととなります。改めてとてつもない長い期間タイトルを持ち続けていたのだなと驚かされますね。


続きを読む

昨日、日本将棋連盟から羽生善治前竜王の肩書きが九段になるとの発表がありましたね。

特例で永世称号を名乗ることも予想されていましたし、自分もそうなるのかなと思っていました。しかしあえてそれをせずに段位にしたことに、特別扱いを受けたくないという羽生九段らしい潔さを感じました。来年以降の活躍に期待が高まりますね。


続きを読む

1989年1月に放映された羽生善治五段(当時)対加藤一二三九段のNHK杯の対局を取り上げます。

タイトルを失い無冠となってしまった羽生前竜王ですが、これまで数々の名局を指して将棋ファンに感動を与えてくれたことに変わりはありません。

そこでこれまでの羽生前竜王の名局を振り返っていきたいと思います。この将棋は終盤に羽生マジックが飛び出した、初期のころの名局としてあまりにも有名ですね。


続きを読む

↑このページのトップヘ