第77期A級順位戦8回戦、糸谷哲郎八段対佐藤康光九段からの出題です。(便宜上先後逆)

2019-02-03a

ここまで4勝3敗同士の対戦。この将棋は佐藤九段が石田流を採用、バラバラの陣形のまま大決戦を挑むという大胆不敵な作戦で多くの将棋ファンを驚かせました。

しかし的確に対応した糸谷八段が途中からはっきり優勢に。出題図で鮮やかな寄せの決め手があります。


正解


正解は▲7四金(正解図)です。

2019-02-03b

▲7四金の捨て駒が決め手でした。△同歩と取らせて5五の角筋を直通させておけば以下は▲9一飛、△8三玉、▲8二角成、△同玉、▲7一飛成、△8三玉、▲8二金、△9四玉、▲9五香までで詰みがあります。3五の竜が五段目に利いているのが大きいですね。

実戦は▲7一飛成で佐藤九段が投了。快勝した糸谷八段が5勝目をあげ、初参加のA級で見事に勝ち越しを決めました。