前期のA級順位戦は6勝4敗で6人が並んでプレーオフで決着するという珍しい展開でしたね。

その6人とは、稲葉陽八段、羽生善治竜王、広瀬章人八段、佐藤康光九段、久保利明王将、豊島将之八段(肩書はいずれも当時)です。

結果的には羽生竜王が勝ち抜き佐藤天彦名人への挑戦権を獲得しました。その歴史的な激闘となったプレーオフを改めて振り返ってみます。


プレーオフは順位が高いほうが有利なパラマス方式


A級順位戦で3人以上がトップで並んだときにはパラマス方式でプレーオフが行われることになります。

パラマス方式というのは順位の低い棋士から登場し、その勝者が次の対局者と戦っていくという勝ち残り方式のことですね。

トーナメントは次のようになりました。

1回戦 久保王将(順位9位)ー 豊島八段(順位10位)
2回戦 1回戦の勝者 ー 佐藤康光九段(順位8位)
3回戦 2回戦の勝者 - 広瀬章人八段(順位4位)
4回戦 3回戦の勝者 - 羽生善治竜王(順位2位)
決勝 4回戦の勝者 - 稲葉陽八段(順位1位)


1回戦から登場する棋士は5回勝たなくては挑戦者になれず、逆に決勝から登場する稲葉八段は1回勝つだけで挑戦者になることができます。

有利不利がかなり大きいのですがそれだけ前期の順位が大事だということで、いかにも順位戦らしい制度なのではないでしょうか。

プレーオフの主役となった豊島八段の快進撃


このプレーオフ、主役となったのは間違いなく豊島八段でした。並行して王将戦を戦いながらプレーオフでも勝ち進み、久保王将、佐藤九段、広瀬八段を相手に3連勝と快進撃。名人初挑戦に大きく近づきました。

2019-01-10a
第1図は2回戦の豊島ー佐藤戦。豊島八段が鋭く攻め込みましたが、佐藤九段の中段玉が粘り強く、すぐに寄せるのは難しい局面です。

ここで豊島八段はなんと▲1四歩と伸ばしました。この落ち着きぶりには本当に驚きましたね。この慌てない姿勢が実を結び、最後はきっちりと後手玉を寄せ切っての勝利となりました。

羽生竜王、豊島八段の快進撃をストップ


3連勝で勢いに乗る豊島八段。ここで勝てばいよいよ名人挑戦に王手がかかります。しかしその豊島八段に立ちはだかったのはやはりこの人、羽生竜王でした。

2019-01-10b
この将棋は横歩取りの激しい展開となりました。第2図は後手玉も危険に思えますが羽生竜王は全てを読み切って△4八とと踏み込みました。決断の一手です。

以下は▲2三角成、△5一玉、▲4三角成に△5二銀とはじいて先手の攻めはわずかに届かず。快進撃でプレーオフを盛り上げた豊島八段でしたが、ここでついに力尽きてしまいました。

この将棋を制した羽生竜王が決勝でも稲葉八段に勝利。歴史的な6人によるプレーオフは羽生竜王が制して名人への挑戦権を獲得することになりました。